搜索
検索

樂源未來電子科技(廈門)有限公司
ニュース
貴方の現在の位置 :
ホームページ
>
>
>
日産 金型を使わないパネル成形技術「対向式ダイレス成形」発表

日産 金型を使わないパネル成形技術「対向式ダイレス成形」発表

  • カテゴリ:専門ニュース
  • PV:
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2019-11-07 13:38

【概要の説明】日産金型を使わないパネル成形技術「対向式ダイレス成形」発表日産自動車は2019年10月2日、金型を使用しないでボディパネルを成形する「対向式ダイレス成形」技術を開発し、実用化したことを発表した。この技術を活用して、日産はアフタ―サービス部品や、すでに金型のない舊型車の補修部品の商品化を想定している。技術概要今回発表されたのは、すでに金型もない舊型車のパネルや、カスタマイズカー向けなど、少量生産を前

日産 金型を使わないパネル成形技術「対向式ダイレス成形」発表

【概要の説明】日産金型を使わないパネル成形技術「対向式ダイレス成形」発表日産自動車は2019年10月2日、金型を使用しないでボディパネルを成形する「対向式ダイレス成形」技術を開発し、実用化したことを発表した。この技術を活用して、日産はアフタ―サービス部品や、すでに金型のない舊型車の補修部品の商品化を想定している。技術概要今回発表されたのは、すでに金型もない舊型車のパネルや、カスタマイズカー向けなど、少量生産を前

  • カテゴリ:専門ニュース
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2019-11-07 13:38
  • PV:
詳細

  日産自動車は2019年10月2日、金型を使用しないでボディパネルを成形する「対向式ダイレス成形」技術を開発し、実用化したことを発表した。この技術を活用して、日産はアフタ―サービス部品や、すでに金型のない舊型車の補修部品の商品化を想定している。

  技術概要

  今回発表されたのは、すでに金型もない舊型車のパネルや、カスタマイズカー向けなど、少量生産を前提としたパネル成形の新技術だ。

1

  加工前のパネル材のセット

1

  パネルを工具で押しながら加工している狀態

1

  専用開発されたダイヤモンド?コーティングによる鏡面化された加工用の工具。右側は一般的な工具

  ただ、従來は対向するロボットの工具を連攜させながら成形する工法は、2つのロボットの制御が難しく、これまで実用化は困難とされてきた。また従來の工具では整形したパネル面が粗くなり、そのままでは塗裝ができないという問題もあった。

  生産技術研究開発センターがこの対向式加工の制御プログラムを開発し、総合研究所の工具材料の研究により工具の加工部をダイヤモンド?ライク?コーティング(DLC)し、鏡面狀態にすることで実用化に成功した。パネルを成形加工する工具が鏡面狀態のため、低摩擦で加工時の潤滑も不要だ。

  ロボットの制御プログラムは、パネル材のスプリングバック(加工後のもどり変形)なども考慮し、工具ロボットの最適軌道生成ロジックなどを盛り込んでいる。

  今回は、要望の多い舊型スカイラインのリヤ?パネルなどの加工や、成形された完成品のパネルが披露された?,F在は、純正部品化に向け、検討を行なっているという。

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

ページの著作権?2021 エルワイ未來科技株式會社は  中企動力に技術サポートを提供   廈門  閩ICP備09008297號

特大巨黑吊性XXXX,宝宝你好会夹在车上,少妇高潮惨叫喷水动态图,宝宝太紧了松一点会断的